car

不要になった中古車を処分するとき、その対象となる車両に残債があった時には、どのようにすればよいのでしょうか。中には、ローンを完済してからでなければ処分できないのではないかと考えている人もいますが、実際には債務が残っていても、処分は可能です。むしろ、事故などで乗ることができなくなった車両は、不動車の買取などをしている業者に引き取ってもらわなければ、処分費用も毎年の維持費もかかってしまいますので、早く手続きをしたほうが賢明です。

ローンありの車を売るときの流れ

大まかな流れとしては、査定を依頼するときに、ローンが残っていることをあらかじめ伝えておきます。業者から支持の合った書類等を用意して、予約した日時に実車を査定してもらい、査定額を教えてもらいます。金額に納得できる場合には契約になりますが、この時に残っているローンの代金は差し引いたものを受け取ることになります。残債務の返済の手続きや名義変更などは、原則買取をしている業者の方が行いますので、面倒なことはほとんどありません。

なお、債務が査定額を上回っている場合には、不足額を業者に支払い、完済したうえで車両を引き取ってもらうことになります。この場合は売却代金を全く受け取ることができないだけでなく、手出しも発生してしまいます。しかし、廃車処分にした場合には廃車にかかる費用が別途必要になりますし、ローンの返済の手続きも自分で行い、車両の有無に関係なく残額を支払わなければなりませんので、トータルの支出が安くなります。

一括見積もりサービスで簡単に探すことができる

このように、自分の負担を少なくする、または受け取る金額を増やすためには、より高い金額で買い取ってくれる業者を見つけることが重要になります。近くの業者の査定にあまり満足できない場合には、一括見積サービスなどを利用して、より高く買い取ってくれるところがないか探してみるとよいでしょう。簡単な情報を入力するだけで、買取可能な複数の業者から簡易見積もりの連絡が届きますので、より高い金額を出している業者に直接連絡を取り、実車の査定をしてもらいます。出張費、査定の手数料などはすべて無料ですので、簡易見積もりよりも大幅に金額が下がった時には契約せず、次の業者に連絡を取ることもできます。実際に契約をするまで費用は全く必要ありませんし、保管場所まで業者が訪問して査定をしますので、あちこちに車を運ぶ必要もなく、非常に便利です。24時間受け付けていますので、活用してみましょう。

車検切れの車買取.net