中古車買取に車を売却する場合にはリサイクル券に注意しましょう

中古車を売却する場合には、通常査定金額で納得して売却することが多いものですが、意外と忘れがちなポイントが有ります。これは、リサイクル券の存在です。

平成17年以降、自動車はリサイクル費用を所有者が負担することが義務付けられ、自動車を購入する際には合わせてリサイクル券を購入することが義務付けられています。その為、自動車には必ずリサイクル券が付いてくる仕組みになっているのです。但し、このリサイクル券の料金は所有者が負担することになっているため、中古車買取に車を売却した場合にはリサイクル券の料金も併せて支払われるようになっています。

しかし実際には中古車買取業者の中にはこの部分を明確にしない場合も多く、査定額の中に含まれていると暗黙のうちに考えられている場合も多いのです。しかし、自動車リサイクル料は供託金と言われる扱いとなっており、最終的には処分する所有者が負担するように決められているものですので、本来は買い取った業者が負担しなければいけないものとなっているものです。

但し、中古車買取の場合であっても、その査定額が大きい場合には査定額の中にふくまれると言われてもある程度納得できる部分が有りますが、廃車買取や事故車買取の場合にはさらに空位が必要です。これらの場合には金額が2万や3万都いった金額になることも多いため、廃車費用を負担せずに買い取ってくれると喜んでいたら実はリサイクル料を差し引いたら大した金額ではなかったということも多いのです。

従って、中古車買取などで業者が出してくる金額を高いか安いか評価する場合には、リサイクル券の存在をしっかりと意識しておくことが大切になります。リサイクル料は軽自動車で7千円程度、普通車になると1万8千円程度の金額になるので、決して少なくは無い金額なのです。そのため、中古車買取の最低の場合にはリサイクル料を差し引いた金額では幾らの査定になるのかを明確に確認しておく方が良いものです。

Comments are closed.